妊活に有効なビタミンは?これだけ摂取でOK!

妊活に有効なビタミンは?これだけ摂取でOK!


妊活中は体調管理も大切ですが、同時に食事にも注意しておく必要があります。


妊活有効ビタミン1


毎日の食事が妊娠しやすい体に繋がりますので、妊娠しやすい食事の摂取はとても大切です。

また妊活にはビタミンも有効ですので、様々なビタミンの摂取を心がけましょう。


妊活有効ビタミン2


・妊娠にはビタミン摂取が大切な理由について



妊活中はビタミンの摂取が大切だと言われていますが、この栄養成分はミネラルと同じように、妊活に欠かせない栄養素として知られています。

その理由としては・・・

「胎児の脳の形成をサポートしてくれる」

「妊娠力の向上に繋がる」

「抗酸化作用により体が元気になる」

の3点があります。

このうち、胎児の脳の形成をサポートしてくれるのがビタミンB群です。

このビタミンB群が含まれている食材としては・・・

・ブロッコリー

・小松菜

・ホウレンソウ

・イチゴ

・枝豆

・春菊

・菊の花

・グリーンアスパラガス

・牛肉

・豚肉

・鶏のレバー

などがあります。


そして、妊娠中の胎児に及ぶリスクの中に、「神経管閉鎖障害」があります。

この病気を発症すると、障害に持ったり死産や流産する確率が高くなります。

日本では1万人に6人程度の割合で発症していると言われていますので、事前にしっかり対策しておくことが大切です。

ビタミンB群には、この「神経管閉鎖障害」を防止する効果を持っています。

そのため厚生労働省でも、妊娠前からの葉酸サプリメントの摂取を推奨しています。


妊活有効ビタミン3


・妊娠力の向上を期待できる


ビタミン群の中でもEは、妊娠力の向上に大きな効果を期待できます。

ちなみにビタミンEを含んでいる食材としては、次のものがあります。


妊活有効ビタミン4


・アボカド

・アーモンド

・ヘーゼルナッツ

・落花生

・サバ

・ウナギ

・ほうれん草

・カボチャ

・キウイ

・豆乳

などです。

ビタミンEはホルモン環境を良くしてくれる作用があり、排卵促進や月経異常改善、また子宮内膜改善の効果も期待できます。

他にも血流改善の効果があり、妊娠力の向上に貢献しています。

積極的に摂取したいものですね!



・精子や卵子の老化防止を期待できる



ビタミンCとEは、精子や卵子の老化防止を期待できます。

ちなみにビタミンCが入った食材は・・・


妊活有効ビタミン4


・パプリカ

・バナナ

・柿

・キウイ

・グレープフルーツ

・イチゴ

・カリフラワー

などがあります。

妊活を行う際は、健康管理と合わせて食事にも注意してください。

食事の仕方によって妊娠に大きな影響を与えるからです。


妊活中はビタミンの摂取が大切と言われています。

毎日の食事でたくさんのビタミンを摂取しましょう。


妊活なら葉酸は無添加がいい!無添加の妊活葉酸サプリは? トップページへ

FX業者