妊婦さんや胎児への放射能の影響は?

妊婦さんや胎児への放射能の影響は?

妊婦放射能1



妊娠したての頃に放射能を浴びた場合、妊婦さん胎児にどのような悪影響があるでしょうか?

インターネット上の情報提供サイトなどには、

「心配する必要はない」

「放射能検査をした方が良い」

など、様々な情報が氾濫しています。

ですので、妊婦さんの中には気になる人もいるはずです。

放射能が、妊婦さんや胎児に対して起こる影響について見てみましょう。




妊婦放射能3


・放射能を受けた影響について


東日本大震災では放射能漏れが大きな問題になりましたが、

今後も同じような問題が起きる可能性は十分にあります。

ですので、日頃から注意しておく必要があります。

特に、妊婦さんはお腹の中にいる胎児もしっかり守ってあげることが大切です。

この放射能問題については、インターネット上には様々な情報があります。

「レントゲンであれば大丈夫」

「原発事故以降、放射能が増えている」

「母体同様、胎児にも注意する必要がある」など、様々な情報が溢れています。

そのすべてが正しいというわけではありませんので、不安になっている方も多いと思います。

特に胎児についての情報も多く、

「奇形になりやすい」

「発達に障害が出る」

「流産や死産しやすくなる」

「母乳に影響が出てくる」など、不安を煽る書き込みも少なくありません。

妊婦さんにはとても気になる事項ですので、

正しい知識を身につけておく必要があります。


妊婦放射能2


・放射能の影響について

インターネット上には、様々な情報があります。

例えば、レントゲン程度の放射線であれば、母体、胎児それぞれ影響はないと言われています。

放射能というのは、宇宙、空気、土壌、食品など、様々なところから発生しており、

通常の日常生活だけでも1年間に2.4mGy程度の被爆をしているのです。

これに対して頭部のレントゲンの被曝量は0.13mSv程度、

腰椎レントゲンは1.5 mSv、胃は2〜4mSv、腸は3.2 mSv程度になっています。

検査で受ける程度の値であれば、お腹の退治には大きな影響はないとされています。

しかし、そうは言っても100%安全とは言えませんので、事前に専門家に確認しておきましょう。

このような背景もあり、病院側でも妊娠初期の女性には、腹部やその周辺のレントゲン撮影はしないようにしています。


妊婦放射能4


妊婦さんにとって、気になるのが放射能問題ではないでしょうか。

病院で受けるレントゲン撮影でも放射線を浴びますので、退治に対する影響が懸念されます。

妊娠初期の女性は、レントゲン撮影を行う際は十分注意してください。


妊活なら葉酸は無添加がいい!無添加の妊活葉酸サプリは? トップページへ

FX業者